2015年11月13日

習い事を始める時期が遅かった?

前記事の続き。
進学塾を検討するにあたって、他の習い事をいつまでとか両立させるかとかそんな検討です。

もうひとつ気づいたのは、ネット上で相談してる方って、子どもが習い事系で優秀な成果を出している方も多いですねえ。これは、うちの子と比べてるんですが。
中学受験準備に際して、習い事の両立というか、習い事をいつまで、というか、こういう相談をしている方って、お子さんがある程度成果を出している感じ。もう習い事で十分に得意なことを見つけていて、それをどうするか、って悩みが多かったです。
うちは、やっと好きなこと、向いているかもしれないことを見つけて、それと両立させるかどうか、って感じなので。もしくは、苦手だけど好きなことを、もう少し成果らしきものが出るまでさせるか、という。

うちみたいな、なりゆき育児みたいな方針のご家庭は、中学受験市場に参入しているご家庭の中では少数派なのかしら、と思ったり。
(っていうか、むしろ、掲示板なんかでうちと似た方が相談してて、他の方に、計画性ない、と非難されている?ケースも見ました。現実の少数派というより、インターネットで情報発信する人の中での少数派、ってことかもしれませんが。)

うちは、なりゆき育児で、この時期になって、本人が中学受験に興味あり、との意思表示をし(まあ、この時期になって、親から子に意思確認をしたのですが)、調べてみたところ、うちの子は高校受験では不利になりかねないタイプだと判断できることもあり、遅まきながら?中学受験に参入してみるか、というところ。
計画的に準備されているご家庭からは、呆れられるケースみたいですが。。。

(とはいえ、まったく突然中学受験に目覚めたわけではないですよ。もともと中学受験も視野にはあって、結構情報収集して、受験界の過熱ぶりにいったんひき、中学受験は必須じゃないし、と親が方向づけようとした先のこの展開です)


親から見て、お勉強は、やらせばできると思う。正直、いい線いくと思っています。いや、でこぼこはあるんですが。基本、知的好奇心が旺盛で、それが特徴のような子なんで。
(中学受験でどの程度結果が出せるのかは、実際にやらせてみないとわかりませんが。)

でも、習い事でまだ芽が出ていない。

だからって、習い事を始めるのが遅かったかというと、そうだとは思わないんですよね。。。
確かに、よそのお子さんと比べたら、始めるのが遅かったというのはあるかと思います。でも、我が家には我が家の事情がありますし、本人のやる気がいつ芽生えるかという話もある。うちはいい時期にそれらを始めたと思っています。確かに、よそのお子さんと比べたら、胸を張れるような成果はでていない。でも、これから頑張れば成果は出せるじゃん、って心のどこかで思ってる。本人が楽しんでるんだからね。

だからって、中学受験をするなら、それまで今やってる習い事をずっとを続けるのは、どう考えても無理がある。受験準備はそこまで甘いものじゃないだろうと思う。
第一、今の習い事の頻度じゃ、そもそも塾に通う時間さえとれない。
だから、どこかのタイミングで、習い事を減らすか止めるかしないといけない。中学受験するんならね。

中学受験界では、これまでの子どもたちの成長過程の情報の蓄積(いわゆるデータや経験談)もあって、やっぱりそれに乗ると、小学校4年生から塾に行かせるのが手堅いとか、どういうご家庭のお子さんが難関校に受かるとか、いろいろあって、それに乗っていないとうまくいかないんだろうか、と思っちゃったりしてしまうのよね。
本当にそこがよくわからない。

あと、私自身も進学塾に通ってたことがあるんですが、小学校5年生の夏休み前に入塾したのですが、特に努力した自覚もなく、上位の成績をキープし続けた、という経験があって、たぶん、これがうちの子を早くから塾に入れる必要性を感じなかった理由として大きかったんだろうと思う。
でも、私も、習い事は進学塾に入ってた頃は、ずいぶんやめたかもなあ、と思う。というか、私、習い事、自分の意思でしてたのかどうかもよく覚えてないです。。。母は、私のことを、習い事をさせてもひととおりできてた、と言ってたから、母が満足するような成果はひととおり出せてたみたいですが、自分ではわからないです。それが自分でわかってないような習い事のさせ方でよかったのかしら、ってことも思いますよね。

親は他の家庭といろいろ比較しちゃうものですが、子どもはいうほど他の子と自分と比較していないものかもしれないしね。
私自身をふりかえってもそう。
結局子どもは子どもなりに自分の人生を歩んでいるわけだから、本人が納得しながら自分の進路を決定するのが一番良いような気がする。

そんなわけで、とにかく、うちはこのまま子ども主体で行くと思います。
習い事の整理はまだ悩むと思います。今度、進学塾さんと面談の機会があったり、子ども自身に塾の授業を体験させたりの機会があると思うので、そこで、得た情報や子どもの反応次第で結論は変わってくるかもしれません。

posted by aki at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

目標から逆算する考え方、本人からスタートする考え方

中学受験準備と習い事、というテーマで、いろいろweb検索をかけて情報取集してみましたが、いろんな考えの方がいらっしゃるんですねえ。。。

大きく分けると、育児・教育に目標を決めてそこから逆算していく考え方と、本人のやる気や志向や能力発達過程から検討するという考え方、という感じでしょうか。
(とはいえ、みなさん、多かれ少なかれ、2つの考え方をミックスはしてますが。
育児・教育に目標を決めてそこから逆算していく考え方の人も、必ずしも本人の資質を無視して、ということではなく、育児をしていく中で、必ずしも思い通り(計画通り?)にはならないというのに気づいて、少しは考え方を調整されるようです。)

男性で子どもの教育を本気で考える方は、育児・教育に目標を決めてそこから逆算していく考え方の人が多いのかな、という印象です。
女性でも、高学歴の方は、この考え方の人が多いかもしれません。

私は、今は、本人のやる気や志向や能力発達過程から検討するという考え方がベースになっています。
理由は、人間、育てる側が理想とするとおりには育たたない、と実感するから。
目標というか、理想の姿自体は思い描いておくべきだと思いますが、いつまでに、とか、どういう道筋で、とかの計画はしないです。

育児・教育に目標を決めてそこから逆算していく考え方の人の中には、塾や習い事をサービスと考えて、教育の費用対効果にシビアな方もいらっしゃるようで。
つまり、子どもが(目標どおり)伸びないのは、指導方法が悪いからなのではないか、と考えたり。
私は当初、この人クレーマー?と思ったんですが、このような考え方に同意する人も多かったです。
とすると、教育産業も大変そうですね。。。
教育の理想を持って参入しても、即効の成果を求める親の圧力にめげそうになる、という構図が思い浮かびました。
あと、こういう方は、ライザップ的な教育を求めてるのかも、とも思いました。確実な成果、というか。

一方で、そういう考え方は、私にはあまりないので、勉強になりました。
私は、成果を買うというより、環境を買う、という考え方なんですよね。
私のような考え方の人は、教育費をだらだらとかけてしまうということなのかもしれません(心当たりあり)。




posted by aki at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

新5年生。学習塾どうする?


実は、今、子ども(小学校4年生)の周囲が、進学塾に行き始めた子が多く、気が付くと学習面で大差をつけられてるんじゃないかという不安が出てきて、うちも行くべきなのか?と、現在進行形で悩んでいます。

今、習い事をいくつかさせていて、本気で中学受験するんなら整理しないといけないんじゃないか?とも考えたのですが。

でも。いろいろ調べてみると、習い事をやめてまで進学塾に行かせる必要もないかも、という気もしたり。

習い事A: 体力作りに役立つ習い事。うちの子は平均的な子に比べて進度がかなり遅い。本人は楽しんで通っている。最近、習う頻度を増やしたところ、本人も成長の早さを実感できている様子。しかし、まだ何も習得できたとはいえないレベル。

習い事B: 学習系習い事。うちの子の進度は平均的な進度だと思う。いやいや通っているわけではないが、本人は壁にぶつかっていると思っているかも。先生は、「できてますよ」と言うのですが。。。客観的には、まだ何も習得できたといえないレベル。

習い事C: 勝負系習い事。子どもが自ら興味を持ち始めたが、親がほとんど知らないので、先生を探すしかないと思って、通わせ始めた。最近始めたばかり。周囲の大人の評価を聞くに、筋がいいのかもしれない。もちろん、今やめたら、何も習得できたとはいえないレベル。

明らかなのは、今やめても、結局何も習得できたとはいえないよねえ。。。ってこと。

そして、これらのおかげで、本人は時間つぶしもできているのよねえ。。。
いや、うちは共働きなんで、本人にとって意味のある時間つぶしができる、ってことも結構大事で。。。

そして、生活も安定してうまく回っている気がするし。

これを整理してまで、塾?っていう気も。。。

小学校入学前から中学受験をすることを決めてるおうちは、小学校中学年になる頃には子どもが習い事で一定のレベルに達するように、低年齢からいろいろ始めさせるのかなあ、と思ったりしました。
うちの子は、この段階で習い事をやめさせるのはいろいろもったいないぜよ。
計画性がなかったと言われればそれまでだが。

とはいえ、子どもが実際に成長しないと見えてこないこともあるしねえ。。。
親がこういうふうに育ってほしいと計画してても、それに沿って成長してくれない方が普通のような気もするし。。。

本人は習い事は整理したくないけど、中学受験には興味あるんですって。
親は、中学受験をする必然性は感じないけど、他の子に学力面で相当の差をつけられたくない、っていうのはあるのよねえ。

今、一応、進学塾にアクセスして、テストを受けてみたり、話を聞いたりしているところですが、情報を集めれば集めるほど、やり方はいろいろあることを知らされ、悩みますねえ。。。
まだ受験が遠いところに合って情報収集をしてはいても頭で考えて動かないときと、実際に子どもの成長ぶりと照らし足を使って自分の目で見たうえでさらなる情報収集をして考えたときとでは、見える景色が違い、迷い方が全然違う感じです。。。
posted by aki at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。