2016年02月11日

肌で感じるいまどき中学受験事情

進学塾、通い始めました。新小5スタートです。

私も小学生当時、塾に通っていたことはあるのですが、いやー、いまどきの中学受験事情ってほんと全然違うんだなー、といきなり実感…。
気づいたことを何点かメモしておきます。

ひとつは、情報戦なんだなー、ということ。
いや、データがすごい。(・・・て書くと、どこの塾かわかっちゃうかもしれませんが)
返却スピードも早いですし、そして一問ずつ受験者全体の正答率まで付けてくれる。
いや、偏差値で一喜一憂してる場合じゃないですよ。これだけ細かくデータを提供してくださってるんだから、その分析も誰がやって、効果的な方向に導いてあげないと…。
…というところまで、大手塾ではできないだろうから、個別指導塾または家庭教師の出番、ってことになるんだろうなあ、と思いました。。。
まあ、うちは、親がついていけるまでは、もしくは、子どもが軌道に乗るまでは、親が分析して子どもにフィードバックしてあげようと思ってますけどね。
逆に、大手塾に預けっぱなしにして、親が油断してると、取り返しのつかないことになりかねないかもなあ、というのが感想。まあ、最初っから、面倒見の良い塾を選べばいいのかもしれませんけどね。でも、そういう塾だと、大手塾で得られるようなデータは入手できないかもしれないですし。
まあ、情報戦、という言葉の意味が少しわかった気がします。

次は、やっぱり、模試の内容が当時と変わってる気がする…。
まあ、基本問題は変わらないけど、その場でデータ等を読み取らせたりする問題が割と出るんだなあ、と言う感じ。
だから、知識の定着と運用の練習、どちらもいるんだけど、そのバランスをどうするか、なんていうのも、あります。中学校ごとにその辺のウェイトも違うだろうから、準備の際の戦略もある程度誰かが立てた方がいいだろうなあ、と思います。その意味では、ある程度志望校をイメージしておくことも大事かも。
正直、模試の内容はおもしろかった。その場で考える余地があると、結構楽しめます。

最後に、必ずしも4年生から塾通いしなくてよいのかも、と思いました。
5年生から大変になるというけれど、4年生から通ってて慣れてた方がよいのか、いきなり大変なところから始めさせるのか、という選択肢だと思うんだけど、本人の覚悟がきっちり決まってるかどうかというのが問題のような…。
受験準備が本格的になれば勉強が大変なことはわかっているので、本人の覚悟の問題かと思いました。個人的な意見としては、親が子にぜひ受験させたいという希望があるなら4年生から行って慣れさせればよいと思うし、親が子の受験に対して中立的な気持ちであれば4年生から行かせる必要はなくって、本人の気持ちを確認のうえで5年生から行かせればいいんじゃないかと思います(ちなみにうちの場合は4年生の秋に本人を中学校の説明会に参加させて反応をみています)。
で、初めての模試ですが、上から4分の1というところにいました。親が思ってたよりも良かったです(平均を上回っていればいい、つまり上から2分の1までにはいてほしい、というのがイメージでしたから)。
それを見て、早く塾通いさせる(受験勉強を開始する)デメリットもあるのかも、と思いました。途中参戦する子が必ずしも初めから始めなければならないわけではないからです。早くから塾通いをしていると、途中までは理解しやすいその学年に合った内容で勉強していたと思うのですが、途中で勉強に対するイメージがハード化すると思うので、そのギャップがつらいことがあるかもしれません。
あと、超難関校に合格させようとしたら、やっぱり本人の資質なしには無理なんだろうなあ、と思うのですが、そういう子は塾で勉強する内容が難化してくるときについていける子でなければならない。いつ難化してきたり、実力に差がつき始めたりするのかというと、それはまだ4年生ではないんだろうと思うのですね。
模試の問題を見たときに、知ってれば解ける問題、その場で考えればわかる問題、もあり、それらは勉強をきちんとすれば解けるようになる問題なのですが、暗記必須ではない知識問題、勉強してきたことをさらに組み合わせなければ解けない問題、創作問題(どの受験生にとっても初見と思われる問題)は、真面目に準備していても解けるかどうかバラつきが出る問題だと思います。逆に、真面目に親に従うタイプの子は、むしろそういう問題が苦手になっちゃったりしないかしら。
ただ、本人に資質があってもトレーニングが足りなければ厳しいということも感じます。だから塾通いの開始が遅すぎてもいかんと思うのですが。

まあ、いろいろ今の受験事情を肌で感じました。
時代の変化もね^^;

まとめると。
・中学受験で問われる内容が自分の時とは変わってきている(すみません、30年以上前になります)。
当時同様、知識も必要だけど、より「運用できるか」を問われている(但し、志望校の傾向を確認して対策をすすめるべき)
・受験準備は情報戦の様相を示しているので、子ども一人で立ち向かわせるのは不利。
大手塾でデータや情報を入手して、親または個別塾や家庭教師がその分析や解析をして、作戦を伝授するというパターンが今のスタンダードなのだと思う。
・新5年生からの塾通いでも大丈夫な気がする。
ポイントは本人の覚悟。本人がやる気があれば、途中からでも特に不利にはならないような。
(ちょうどその時期に子どもが受験する気になってないかも、と心配な親御さんは、新4年生からスタートさせて、生活に塾を入れて慣れさせていく方がいいのかもしれませんね。)
posted by aki at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

とりあえずの参戦決定

さて、以前から綴ってた、上の子の中学受験をどうするか&進学塾に通うか、ですが。

参戦&通塾を決めました。

正確には、通塾については決定、中学受験をどうするかについては、とりあえず私学受験を前提としてスケジューリングすることを決定、ということですが。
(本当に中学受験を決定するのは、小6の夏休み明けだと思っています)

子どもが私学受験する気満々なんですよね…。
父&本人で2校ほど学校説明会に参加させたんですが、両校とも気に入ったようで…。

でも、そうだとすると、通塾してくれなきゃ、とても支援できないので…。
とにかく、通塾させることに決めました。

中学受験をするかもしれない、というのは、小学校入学当初から可能性として考えていましたし、これまで情報収集もしてきました。
で、受験生活はとても大変そうだとイメージしてますし、正直、こんなに負担感があるなら、挑戦しないという選択肢もいいなあ、と最近は思っていました。
実際に私学に通わせてみて、本質的な良さはありますが、全面的に良いということでもありませんし、また、経済的負担がきつい実感もありますので、やっぱりうちのような庶民にとっては、私学は単にオプションのひとつで、総合的に見て絶対私学が上、ってことじゃないなあ、と思うのです(但し、オプションがあること自体のありがたみはあります)。

一方で、合わない環境で子どもが過ごすと親はいろいろと大変なんだろうなあ、とも思うので、彼の生育する環境はよく考えなければならない、という気持ちもあります。だから、中学は慎重にに選ばなきゃ、と思っています。そうすると、やはり私学についても、選択肢としてははずせない、と(通学可能圏にいくつかあるわけなので)。

受験準備については、塾か塾じゃないかは悩みました。
本人があまり塾にいい印象を持っていなかったこともあり、また、私自身も塾代は高いと思っていたので、他のやり方はないかという模索はしました。
ネットでいろいろ調べて、塾じゃない選択肢もある、ということはわかったのですが、うちには無理だなあ、と思ったのは、たぶん子どもの受験準備を直接サポートすることになるであろう私に、子どもの勉強を見てあげられる十分な時間がとれない、と思ったこと。
これまでの経験から照らして、たまに勉強を見てあげる時間がとれることがあるのですが、それは突発的なので、子どもから見て唐突に「勉強タイム」に突入させられる、という。
そりゃ、子どもには子どもの予定があるでしょうから、それを勉強に乱されるのはいやでしょうし、結果として、勉強嫌いになりやすい、と思いました。
現に、うちの子、知識欲は旺盛な子なんですが、「勉強」という言い方をすると拒否反応を示しますもんね。
ということで、我が家は塾を利用しないと無理なんだろうなあ、と結論。
子どもに体験させた結果、夜遅く帰ることに不安な様子ですが、通うこと自体や授業は悪くないと思っているようですし、なにより、受験はするから!と頑なに言うので、それなら行きなさい、ということになりました。

ちなみに、塾は、ひとつの塾しかアプローチしませんでした。
うちから一番通学しやすい場所にある大手塾です。
ものの本には、塾選びから始まるとか書いてあったんですが、正直、複数の塾に同時アプローチする時間がとれなかったですし、いまどき大手塾の比較情報はネットにやまほど乗っているので、「特徴」による比較、この特徴ならうちは違うな、というふるいをかけると、ひとつの塾しか残りませんでしたので、そこにしました。
通ってみたら違うな、というのはあるかもしれませんが、まあ、我が家がいつでも私学受験やめていいからね、という気持ちがあるので、違えば違ったときに考えればいいと思っています。

でも、家族としての覚悟は必要らしいですので、気の引き締まる思いはしています。
posted by aki at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

4年生秋。進学塾の面談


進学塾さんに面談をしていただきました。

まずは、テストの結果を見て、そこからわかることをいろいろと教えていただきました。

それでわかったのは、うちの子、客観的に評価されると、こういう立ち位置になるんだなあ、ということ。
正答率が低い問題に正答していたら「すごいです」とか、採点基準にひっかからない記述をしていたら「苦手なんですかね」とか。
親からすると「ああ、うちの子が作りそうな答案だなあ」ってこと。よくも悪くも。
でも、テストっていうのは、できてるかできてないか、の評価をするためのものなんだなあ、と思いました。(いや、もちろん、わかってはいましたが、実感しました)

だから、進学塾を利用するとき、というか、模試などのテストを受験するときは、そりゃ点数とか偏差値とか順位も大事だけど、それより子が何をできたのか、とか、どういう間違いをしてるのか、とか、を冷静に観察することが、親としては大事かもしれませんね。
点数に振り回されすぎない方がいい、と思うのは、出題の意図やそれに伴う採点基準によって、点数の採れ方は変わってきますから。あとは、本人が受けていない授業の範囲が出てきたら、点数が採れないのは仕方ない、とかありますし。

習い事をしていて、また、本人も入塾に乗り気ではなくて、新学年から入塾する決心がつかないことについては、季節講習だけでも受けて、そのうちタイミングが合えば、ってことになりました。
ということで、冬期講習は受けさせてみるつもり。

志望校については、知らない学校もいろいろ教えていただきましたが、思いのほか、遠い学校が多かった…。
みなさん、近場の学校を志望するわけではないのかしらん…。

クラスが下位になっていたことの不安についても、話を聞いてもらえました。
いや、受験評論家?の方が、上位クラスに入るのでなければ意味がない、みたいに書いているじゃないですか、なので心配で。
でも、授業内容に差異があるというより、授業の進度に差異があるということでした。授業で扱う単元は揃っていて、下位でも上位でも基本から説明していく、ただし、上位クラスは1問にかける時間が短いため、発展問題まで時間がとれる、ということのようです。
物足りないなら、下位クラスでも、宿題をするときに、発展問題まで解いていけばよい、ということでした。
まあ、私も、下位クラスと評価されたことによるショックはかなりありましたが、ただ、授業はレベルに合ったところで受けさせたかったので、納得しました。

なんだかんだ感想を書きましたが、面接していただけてありがたかったです。
我が家の中学受験に関することを正面切って相談できる機会って、そうありませんので、いろいろ思っていることを聞けただけでも、気持ちが晴れたと思います。

posted by aki at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。