2016年02月11日

肌で感じるいまどき中学受験事情

進学塾、通い始めました。新小5スタートです。

私も小学生当時、塾に通っていたことはあるのですが、いやー、いまどきの中学受験事情ってほんと全然違うんだなー、といきなり実感…。
気づいたことを何点かメモしておきます。

ひとつは、情報戦なんだなー、ということ。
いや、データがすごい。(・・・て書くと、どこの塾かわかっちゃうかもしれませんが)
返却スピードも早いですし、そして一問ずつ受験者全体の正答率まで付けてくれる。
いや、偏差値で一喜一憂してる場合じゃないですよ。これだけ細かくデータを提供してくださってるんだから、その分析も誰がやって、効果的な方向に導いてあげないと…。
…というところまで、大手塾ではできないだろうから、個別指導塾または家庭教師の出番、ってことになるんだろうなあ、と思いました。。。
まあ、うちは、親がついていけるまでは、もしくは、子どもが軌道に乗るまでは、親が分析して子どもにフィードバックしてあげようと思ってますけどね。
逆に、大手塾に預けっぱなしにして、親が油断してると、取り返しのつかないことになりかねないかもなあ、というのが感想。まあ、最初っから、面倒見の良い塾を選べばいいのかもしれませんけどね。でも、そういう塾だと、大手塾で得られるようなデータは入手できないかもしれないですし。
まあ、情報戦、という言葉の意味が少しわかった気がします。

次は、やっぱり、模試の内容が当時と変わってる気がする…。
まあ、基本問題は変わらないけど、その場でデータ等を読み取らせたりする問題が割と出るんだなあ、と言う感じ。
だから、知識の定着と運用の練習、どちらもいるんだけど、そのバランスをどうするか、なんていうのも、あります。中学校ごとにその辺のウェイトも違うだろうから、準備の際の戦略もある程度誰かが立てた方がいいだろうなあ、と思います。その意味では、ある程度志望校をイメージしておくことも大事かも。
正直、模試の内容はおもしろかった。その場で考える余地があると、結構楽しめます。

最後に、必ずしも4年生から塾通いしなくてよいのかも、と思いました。
5年生から大変になるというけれど、4年生から通ってて慣れてた方がよいのか、いきなり大変なところから始めさせるのか、という選択肢だと思うんだけど、本人の覚悟がきっちり決まってるかどうかというのが問題のような…。
受験準備が本格的になれば勉強が大変なことはわかっているので、本人の覚悟の問題かと思いました。個人的な意見としては、親が子にぜひ受験させたいという希望があるなら4年生から行って慣れさせればよいと思うし、親が子の受験に対して中立的な気持ちであれば4年生から行かせる必要はなくって、本人の気持ちを確認のうえで5年生から行かせればいいんじゃないかと思います(ちなみにうちの場合は4年生の秋に本人を中学校の説明会に参加させて反応をみています)。
で、初めての模試ですが、上から4分の1というところにいました。親が思ってたよりも良かったです(平均を上回っていればいい、つまり上から2分の1までにはいてほしい、というのがイメージでしたから)。
それを見て、早く塾通いさせる(受験勉強を開始する)デメリットもあるのかも、と思いました。途中参戦する子が必ずしも初めから始めなければならないわけではないからです。早くから塾通いをしていると、途中までは理解しやすいその学年に合った内容で勉強していたと思うのですが、途中で勉強に対するイメージがハード化すると思うので、そのギャップがつらいことがあるかもしれません。
あと、超難関校に合格させようとしたら、やっぱり本人の資質なしには無理なんだろうなあ、と思うのですが、そういう子は塾で勉強する内容が難化してくるときについていける子でなければならない。いつ難化してきたり、実力に差がつき始めたりするのかというと、それはまだ4年生ではないんだろうと思うのですね。
模試の問題を見たときに、知ってれば解ける問題、その場で考えればわかる問題、もあり、それらは勉強をきちんとすれば解けるようになる問題なのですが、暗記必須ではない知識問題、勉強してきたことをさらに組み合わせなければ解けない問題、創作問題(どの受験生にとっても初見と思われる問題)は、真面目に準備していても解けるかどうかバラつきが出る問題だと思います。逆に、真面目に親に従うタイプの子は、むしろそういう問題が苦手になっちゃったりしないかしら。
ただ、本人に資質があってもトレーニングが足りなければ厳しいということも感じます。だから塾通いの開始が遅すぎてもいかんと思うのですが。

まあ、いろいろ今の受験事情を肌で感じました。
時代の変化もね^^;

まとめると。
・中学受験で問われる内容が自分の時とは変わってきている(すみません、30年以上前になります)。
当時同様、知識も必要だけど、より「運用できるか」を問われている(但し、志望校の傾向を確認して対策をすすめるべき)
・受験準備は情報戦の様相を示しているので、子ども一人で立ち向かわせるのは不利。
大手塾でデータや情報を入手して、親または個別塾や家庭教師がその分析や解析をして、作戦を伝授するというパターンが今のスタンダードなのだと思う。
・新5年生からの塾通いでも大丈夫な気がする。
ポイントは本人の覚悟。本人がやる気があれば、途中からでも特に不利にはならないような。
(ちょうどその時期に子どもが受験する気になってないかも、と心配な親御さんは、新4年生からスタートさせて、生活に塾を入れて慣れさせていく方がいいのかもしれませんね。)
posted by aki at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433669007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。