2015年12月08日

ミスを指摘されたとき、どう反応するか

社内の伝票をチェックする仕事をしていますが、誰かがミスしたりルール違反したりしたのを発見すると、それを本人に伝えなければならず、それは少々気の重いものです。

こういうのを指摘したときに、一番気持ちのいい反応。
それは、素直にミスを認め、謝ること、今度から気をつけます、と言ってくれること、です。
それも、重く言わなくていいです。むしろ明るく言ってくれる方が好印象。ただ、あんまり軽い感じだとまた別の印象になるので、難しいかもしれませんが。

また、ルールがどうなっているのかを理解しようとする態度も好印象です。
私自身、ルールに従ってチェックしているにすぎず、他人の間違いを指摘することに個人的な喜びを感じて仕事をしているというわけではないので。。。

逆に、気が重くなる反応。
それは、言い訳されたり、ルール自体を疑うような理屈をぶつけられたりすることです。
それらの反応が、感情的だったり、やたらと長かったりすると、最悪です。
あと、女性に時々あるのが、指摘されること自体がいやなのかな?と思うこと。「これまでこれで指摘されたことはないんですけど!」という言い訳をされたりします。こちらはミスに気づいた段階で指摘しますから、そういうことはあります。その次に提出された伝票をみたときに、わざわざこちらが前回指摘したことが今回は間違っていないと強調する内容になっていたり。そういうのを見ると、頑なな印象を受けますし、こちらも、あー、この人とはかかわりたくない、って思っちゃいますね。そうすると、その後のコミュニケーションがスムーズじゃなくなっちゃうじゃないですか。それは、ご本人にとっても損なことだと思うんですけど、まあ、ご本人の性質だから仕方ないかもですね。

気持ちのいい反応をする人、気が重くなる反応をする人、これはだいたい決まってきます。
なかには、最初は気が重くなるような反応をしてたけど、一度納得してもらえると、あとは素直に対応してくれる人もいます。それはそれで印象は悪くないです。
ただ、指摘するたびに、ふてくされた態度をとる人や、言い訳が長い人もいて、そういう人は、やっぱり要注意人物になってきますね。
そういうひとは、複数の人からそう扱われることが多いようです。

間違いを指摘されたとき、素直に受け入れること。
社会人として周囲とうまくやっていくためには、大事なことだと思いますよ。
posted by aki at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 外仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430851764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。