2015年11月21日

少々こみいった内容をメールで伝えることの可否

ママ友というんでしょうか。子どもつながりの親御さんとメールのやり取りをすることがあります。

最近、子どもと一番接点の多い子のママ友さんからメールが来ました。
子どもについての心配事が内容でした。
こういうメールって、ドキッとしますね。
とりあえず、お詫びの返信をして、その後、子どもに直接どういうことだったのか聞き込みをして、そして、再度その報告と自分なりの意見を返信。
でも、メールで送った後、一応電話でも話をしておこうと思って、その日の夜にご自宅にお電話しました。

なんでメールを送ったあとに電話もしようと思ったかというと、メールのやり取りって誤解が生じやすいという経験があったから。
でも、そのママ友さんは、メールでもすむのにわざわざ電話も?って感じでした。
電話で話したところ、本当にメールの文面通りの心配をしていて、こちらからのメールも文面通り素直に受け取っていて、そして、それに対する返信をもう一度しようとしていたところで、それで今回の件は終わりになると思っていたところだったそうです。
電話で話して、そのことがわかって、ほっとしました。

今回はそれで済んだのですが、メールでやり取りするとこじれることってあるんですよね。。。

理由の一つは、メールだと行間を読まなきゃいけないと思うことがあるから。
そして、メールが短文でこられると、こちらにどう反応を求めているのかわからなくて困ったりします。それになんでそう聞いてきたのか前提がわからなかったり。試されているような感じもして、不安になります。

しかも、メールを文面通りに読んでくれない人もいる。。。
メールに限ったことじゃないのでしょうが、情報を発信しても、それを曲解してくる人。
そして、被害妄想に陥る人。

文章で伝えることのいいところは、自分の考えをクリアに伝えることができることだと思います。
私は、対話だと、相手の反応を見ながら、結局、肝心なこと(というか自分の意見)を伝えそびれることが多いんですね。
もちろん、必ずしも自分の意見を伝える必要はないので、対話の時はそれで良かったりしますが、自分の考えや立ち位置を明確にしないと話が進まないこともあります。
でも、そういうタイプのメールに、拒否反応を示されたことがありました。
このママ友さんは、内容を理解できないみたいで、「長いメールをもらった」という印象しか受け取らなかったようです。
このママ友さんは、いろいろなことに前向きな反応ができない人で(見ようによってはおもしろい人なんですが)、被害妄想もすごくて、まあ、大変でした。

今回やり取りしたママ友さんの方は、明確に意見を伝えて大丈夫な人だったのですね。
その違いはなんなのか、考えちゃいます。
日本語理解力の差異なのか、生育環境の問題なのか(被害妄想さんの方は、雑談の中でよく自分の過去について話題にする人なんです)。
見た目は似たような「一児の母」なんですけど、コミュニケーションをとってみると、全然違う人ってことですよね。
(受けてきた教育が違うのか、もともとの性格が違うのか、ちょっと興味がわくところです。)

メールでやり取りする方がラクな人もいれば、対面で話すにとどめておいた方がいい人もいる。
コミュニケーションの取り方に王道はない、ってことかもしれません。

さて、タイトルの「少々こみいった内容をメールで伝えることの可否」ですが、答えは、「相手による」、でした^^;。

posted by aki at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人づきあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429999192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。