2015年10月24日

マンション問題(2015年10月)

杭が強固な基盤に届かず、傾いてしまった横浜市のマンションのニュースに、関心があります。

まあ、うちの集合住宅と、共通する要素がいくつかあるため、うちは大丈夫なのか!?というのが、主な理由です。

住民の方の怒りもわかります。
私だったら、どんな反応をするだろう、と想像してしまいます。

あと、建て替えとか買い取りとか、住民の要望が割れている、とか、でも、同じマンションの人と要望にズレがあるから大きな声で言えない、とか。
あー、そうなるんだ、という感想です。
うまく言えないんですが、同時進行でシナリオが進む手法の小説を見ている感じ。

しかし、たまたまこのマンションは傾いてしまったことで、事実が発覚したわけで。
傾かなかったら、結局、明るみに出なかったんでしょうね。
そして、1件こういうことが発覚したということは、これは氷山の一角なんだろうな、と疑わざるをえない。

業界にそういう体質があったのだろう、と想像します。
または、そうせざるをえない圧力、とか。工期順守のようなね。
そうなると、消費者の事情まで含めて、そういうシステムになっていたのかもしれません。

いろいろ憂えてしまいますね。。。

posted by aki at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

反射的「ごめんなさい」

下の子はずっと要領がいい子だと思ってました。
「ありがとう」を必ず言い、反射的に「ごめんなさい」も言える。
これらをきちんと言えるのは、いうまでもなく、大事なことです。

でも、最近気づいたのです。
この子、本当に反省して「ごめんなさい」と言っているのかしら、と。

というのは、私が少し強く怒ると「ごめんなさい、ごめんなさい、本当にごめんなさい」と言ったのです。
この子は、ごめんなさいと言えば、相手が怒りを沈めてくれるものと思って、そう言っているのではないかしら、と。

そして、このままじゃヤバいな、と思いました。

上の子は、そういう「ごめんなさい」の安売りはしたことがありません。
それが必ずしもいいことではないのですが、上の子から感じる「我」というものが、下の子から感じられないのですよね。
もしくは、本当に反省しているか、疑わしく思えてしまうのです。

この子を他人の顔色ばかり見る子に育ててしまったのかしら、と反省しているところです。
「ごめんなさい」をすぐに言えるのはいいことなんですけど、反省が伝わらなければ逆効果ですものね。

娘の要領のよさに、これまで私が甘えてきたのだと思います。
上の男の子にはいろんなことをひとつずつ丁寧に教えてきたつもりですが、下の女の子には真似して習得してしまうので、私が放置しやすい傾向があるのですが、ときどきこのような危険をはらんでるのですね。

とりあえずは、いっぱい本を読んで、いっぱい考える子になってね、と伝えました。

posted by aki at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

自慢がイヤなんじゃない

あるママ友さんが、娘さんが、習い事で大会の選手に選ばれた、と話してました。
私の反応は、素直に「すごいねー。がんばってねー」というもの。
うちの息子も、その子と同様の習い事をしてるんですが。特に、その自慢?を不快には思いませんでした。

どうしてだろう?

最近、娘もそれとは別の習い事を始めたのだけれど、それについて、娘のおともだちが「わたし、○級になったんだー」と私に話しかけてきたんだけど。
それは、そのあと、娘に「○○ちゃんは、何級?」と話しかけてきたんです。
それはちょっと、ムカッとしちゃった。
娘は始めたばかりだから、級なんか認定されてないのに。

ああ、そうか。
別に、他人が頑張った話とか、自慢をされるのとか、そういうのが嫌なんじゃないんだ。
それに対して「あなたは大したことないね」と明確に言われるのが嫌なんだ、と気づきました。

(2015/10/21 45アクセス)
posted by aki at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人づきあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。